キャッシングの罠について

キャッシングの罠に気をつけよう

キャッシング金利低い

 

適切な方法・環境で利用すれば非常に便利な「キャッシング・カードローン」ですが、一歩間違うと非常に大きなトラブルが起こる危険性もあります。

 

また、キャッシングの広告には様々な「罠」が潜んでいるため、リスクを回避する為にも出来るだけ多くの情報・知識を身に着けることが必要です。

 

例えば、「無職でも借りられる、ブラックでも融資可能」という事をアピールしているキャッシングは、一見すると非常に良心的なものの様に見えてしまう可能性があります。

 

特に「どこからもお金を借りることが出来ない人」にとっては非常に魅力的なものに映ってしまう可能性が高いものです。

 

しかし、冷静になって考えてみれば「そんなことはほぼありえない」という事に気づくことが出来ます。そもそも「お金を返すための力が無い人」に対してお金を貸すのは、余程の富豪か慈善事業のみです。

 

お金を貸すことによって利益を得ようとしている営利企業にとっては死活問題となってしまう状況である為、返済能力が無い人に対してお金を貸してくれるのは「闇金や違法業者」である可能性が非常に高くなります。

 

「ここでお金を借りられれば状況を立て直せるかもしれない」と思ってしまうのではなく、「そんな甘い話がある訳が無い」と考えられるようにしましょう。

 

また、「金利の仕組み」についても様々な罠が潜んでいます。普通は出来るだけ低い金利のキャッシングを利用することを目指していくわけですが、最近では「無利息サービス」を行っているキャッシング会社もあります。

 

「これなら次の給料日に完済すれば利息0円でキャッシングできる」と思えるのですが、これこそが気を付けなければいけない罠です。

 

無利息サービス自体は非常に優れたメリットを持っています。適切に利用することで返済を楽にすることが出来ますが、それにはまず「計画的な返済計画」が必須です。

 

無利息を目的に申し込みをしたところ、必要な金額の何倍もの利用枠をもらえるという事も少なくない為、ついつい借り過ぎてしまえば無利息サービスの魅力を半減させてしまいます。