年収の3分の1しかお金を借りることができない総量規制について

お金を借りる場合2つの法律によりきせいされている。

キャッシング金利低い

 

実はお金を借りる場合、2つの法律によって規制されています。

 

1つは銀行から借りる場合、もう1つはそれ以外の場合です。

 

銀行の場合は銀行法の規制下にあります。それ以外の会社は貸金業法の規制下にあり、貸金業法には年収の3分の1までしか貸出ができなくなる「総量規制」というものが存在します。

 

銀行法には貸し出し制限をするような決まりはありません。
銀行に貸し出し制限はありませんが、融資するかどうかは銀行の判断によります。年収の3分の1以上の借り入れがある場合でも判断次第では融資をして貰うことが可能です。

 

貸金業者はいくら貸したくても総量規制によって規制されているため、絶対に制限をこえる貸出をすることができません。ただし限度額が余っていて総量規制を超えた借り入れをしてしまうことがあります。

 

金融機関は一定期間ごとに貸出先の信用情報を確認する「途上与信」というものを行っています。

 

この段階で規制にひっかかっている場合、利用が制限されることになります。ただしこれは総量規制対象の業者の借入額の合計であり、銀行の借り入れは計算されません。

 

銀行は審査が厳しいので借り先に困っている場合借りられる可能性は低くなりますが、必ずしも可能性がゼロというわけではありません。

 

もし銀行のカードローンで限度額に余裕があるのであれば、一旦消費者金融などの借り入れをそちらに移し、規制にひっかからないラインまで借入額を少なくするのも手段の一つでしょう。