お金を借りるなら消費者金融と銀行系のどちらが良いか?

お金を借りたい。でも消費者金融と銀行系ならどっちがいいの?

キャッシング金利低い

 

人生の中では、どうしてもお金が必要になり、いずれかの業者から借金をしなければならない事態が生じることもあるかもしれません。

 

そのような時にお金を借りるなら、消費者金融と銀行系ではどちらがよいでしょうか。

 

結論から言えば、良い面が多くあるのは後者です。では

 

何故そう言えるのか、簡単にまとめてみましょう。

 

まずは、「総量規制」というルールです。これは、年収の3分の1を超える額の借金は原則として不可能である、というものです。

 

消費者金融から借金をする場合にはこの規制が適用されます。

 

そのため、年収を証明する書類を提出しなければなりません。したがって、個人所得のない人や低所得の人は借金ができない場合も生じ得ます。

 

しかし、銀行系の場合はこの総量規制の対象外であるため、このような『足かせ』が存在しないのです。

 

また、別の利点は「利息」です。いずれの業者を利用するにせよ、借金はいずれ返済しなければなりません。

 

そして、それには利子が上乗せされます。この時、一般的に言って、高い金利を支払わなければならないのは消費者金融に対してです。

 

とはいえ、借入金の契約をする際の「審査」に関して言えば、消費者金融の方がいくらか甘い、という違いがあります。

 

したがって、銀行系の審査に落ちてしまった場合には、金利が高くても消費者金融を選ばざるを得ないかもしれませんが、最初から消費者金融だけに選択肢を限ってしまうのは、決して賢い方法とは言えないでしょう。