銀行でお金を借りる場合に必要な書類について

銀行でお金を借りる場合はどんな書類が必要か?

銀行でお金借りるのはハードルが高いと思われていますが、銀行だから必ずしも高ハードルなわけではありません。

 

高額ローンは審査が厳しく、キャッシングやカードローンなどの少額ローンは審査に通過しやすいです。
キャッシングなどの小口ローンは、お金借りるための書類も少なくてすみます。

 

はじめて借りられる方ならば、本人確認書類があればOKというケースが多いです。

 

身分証明として本人確認書類(原則、運転免許証。交付を受けていない方はその他身分証明書等)があればOKです

 

これらの中で1点を用意すればよいですが、最も身分証明として一般的なのは運転免許証です。
運転免許を持っていない方は、その他身分証明書等になります。

 

所得証明書に関しては、ある程度の高額を借りる場合に必要になってきます。
具体的な金額は銀行により異なり、100万円以上から必要というように規定を設けています。
ネットバンクには300万円まで所得証明不要のところもあります。

 

はじめて借りる方は50万円以下の借入となることが多いため、所得証明は求められない可能性が高いです。
ただし、信用性を確認するという意味から、少額でも提示される可能性はあるので心の準備はしておきましょう。
審査内容に嘘がないなれば、所得証明を提示することに抵抗はないはずです。

 

小口ローンでお金借りるための書類は非常に少ないです。

 

キャッシングなどは個人の信用力に対して融資が行われるので、基本的に審査に記入した内容は信用の対象となります。

 

ただし、嘘を記入してバレると融資が行われない可能性があるので注意しましょう。