お金が払えなくなったら取り立てされるか?

支払い不能の場合、取り立てされたりする?

キャッシング金利低い

 

銀行系や消費者金融系などのカードローンでお金を借りていて、何かしらの理由でお金払えない事態に陥った場合、やっぱり気になるのが取り立てでしょう。

 

いわゆるヤミ金などであれば嫌がらせのように深夜でも電話がかかってきたり、家に押しかけるということもあり、お金の取り立ては怖い人が押しかけてくるというイメージがあります。

 

しかし、まともな貸金業者であれば乱暴な方法は法律で禁じられており、昔のように怖がらせたり脅したりすることはできません。

 

お金が払えない人でも無理に請求されることはないので、安心して対応すると良いでしょう。どの企業でも取り立て方は似たようなものですが、大きな違いは大手と中小企業の対応の仕方です。

 

大手の貸金業者は、基本的にマニュアルに沿って行動するので、期限を過ぎて返済が無かった時に、数日して電話やハガキで催促してきます。最初の数回は他の人にもバレないように配慮してくれますが、連絡を無視したりすると毎日のように電話がかかってきて、職場にも連絡がくるようになります。

 

最終手段として自宅に訪問してくるのですが、ここまでくるのに約1ヶ月ほどとなります。

 

中小企業の場合はマニュアルに沿った対応がなく、かなり早い段階で電話が頻繁に鳴り、厳しい口調で返済するように要求されます。連絡が付かないと踏んだら、すぐに自宅に訪問されることもあるので、お金払えない場合でも、連絡だけはするようにしましょう。それでも払わない場合は、裁判所から支払命令を出す法的措置をとることもあります。

 

>>大手貸付業者からかりるならおすすめはこちら